読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再結成させちゃうかも?

オアシス云々・・・の部分はさておき。笑

TomとJamesがTemplesの音楽的ルーツについて、やや詳しく語っています。

 

f:id:iinokashira:20131012170831j:plain

Our album will make Noel want to reform Oasis.

↓似たような内容の記事

Peace, love and instant karma – from Kettering (From Oxford Mail)

 

 

「ルシファー・ライジング」ケネス・アンガー

f:id:iinokashira:20131012174017j:plain

先日アートセンターでのライブの時スクリーンに映し出されておりました。

動画見てると、この映像に目が行ってしまってしょうがないんだよね。

怪しい雰囲気は「Sand Dance」なんかにはピッタリだったけど。

実際現場で観た人はどうだったんだろう。

 

 

”space rock exploration”

QMagazineのPlayList。Tomが選曲。

↑の記事にあるRamasesは最近↓のアルバム手に入れたって喜んでたやつだ。

f:id:iinokashira:20131012182809p:plain

"The further music can take you away from reality the better," he notes, "which is probably why space rock in all it's intergalactic splendor provides a quick and easy method of transport."

 

何しろノエル兄さんに銀河系の未来を託された身ですからね!

↓こちらで1曲ずつ解説もしちゃってます。

Playlist - Temples' "space rock exploration" inc The Byrds, Hawkwind & Amon Duul II - News - QTheMusic.com

 

この青年達の世界観は・・・凡人の自分には理解しがたいわ。

でもまぁ他のインタビューでは

「僕らの音楽を聴いて楽しんでくれたらいい。踊ってもいいよ。」って、言ってたから良しとしよう。

このインタビュー記事見つけた。

BandWagon’s Exclusive Interview with Psychedelic Sensation Temples – BandWagon Magazine

Q: Ideally, what do you want your listeners to take away from your music?

A: One thing that is most important to us is that we want whoever hears it to not just hear one thing but to visually hear a bigger picture in the music. We want people to have a film running in their heads while they listen.
But if they just want to dance to it, or if it makes people smile.. that’s enough.