読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「SUN STRUCTURES」発売まであと18日!

HCWのYouTube動画公開の記事なんだけれども、「SUN STRUCTURES」の詳細も出ています。

http://www.rcd.co.jp/article/4392/

テンプルズ 期待のデビューアルバム リリース目前! 初来日映像公開!

 

f:id:iinokashira:20131119001752j:plain

以下、記事より抜粋。


ここ日本では、昨年リリースした日本独自盤EP『シェルター・ソング e.p.』が大ヒットを記録し、大きな話題を呼んだことも記憶に新しい彼ら。
アルバム『サン・ストラクチャーズ』は、バンド自らがすべてをコントロールが出来るよう、フロントマンのジェームスの自宅にて録音されたとか。
また、ジェームスがすべての楽曲のプロダクションを手掛けており、デビュー・アルバムにもかかわらず、それぞれのメンバーが新人らしからぬ大きな才能の片鱗を垣間見せる、近年稀に見る傑作デビュー・アルバムに仕上がった。

そんな期待のアルバム・リリースを来月に控えるなか、昨年11月に開催された来日ライヴ・パフォーマンスの映像を本日大公開!
トップバッターかつ初来日にもかかわらず、満員のオーディエンスを前に披露した堂々のパフォーマンスも要チェックだ。

[トラックリスト]
1. Shelter Song
2. Sun Structures
3. The Golden Throne
4. Keep In The Dark
5. Mesmerise
6. Move With The Season
7. Colours To Life
8. A Question Isn’t Answered
9. The Guesser
10. Test Of Time
11. Sand Dance
12. Fragment’s Light
13. Shelter Song - Society Remix*
14. Mesmerise - Time and Space Machine Remix*
*日本盤ボーナストラック

14は今ヘビーローテンション中なので嬉しい!13はどんなバージョンなんだろ?

↓ついでにレビューも。

Sun Structures / TEMPLES | Skream! ディスクレビュー 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

ここ最近、活況を呈するUKギター・ミュージック・シーンの面白いところは、出てくるバンドそれぞれがまったく異なった音楽的アプローチをしている点にある。このTEMPLESはその最たる例で、なんでこんな60~70年代のサイケデリック・ロック直系の音楽性で、しかもMarc Bolanみたいな髪型した奴のいるバンドが突然現れるのか、一昔前なら意味不明だろう。
しかし、今はこれが"あり"で、最先端で、実際、このアルバムは最高だ。どっしりと力強いビート。摩訶不思議で物憂げ、だけどポップなメロディとハーモニー。エレキ・ギターのダイレクトな質感と幽玄なフォーク・テイストの混ざり具合も絶妙な、スケールのデカいサイケ・ロック。これを懐古趣味と言う人がいれば、考えを改めたほうがいい。だってこれ、凄く"今"だから。(天野 史彬)